So-net無料ブログ作成
検索選択

連結ちょこっと集(その1) [過去記事]

親子間の取引(実現損益)

・売上債権、仕入債務(全て実現)
 ○親会社P社は、子会社S社に対する売掛金 12,000,000 がある。
  売上債権の貸倒引当金を 2%に設定する。

   買掛金   12,000,000 / 売掛金     12,000,000
   貸倒引当金 240,000   / 貸倒引当金繰入 240,000

  ※”貸倒引当金戻入”ではなく、”貸倒引当金繰入”であることに注意!

 ○子会社S社は、親会社P社(S社株式を60%所有)に対する売掛金
  12,000,000 がある。
  売上債権の貸倒引当金を 2%に設定する。

   買掛金    12,000,000 / 売掛金     12,000,000
   貸倒引当金  240,000   / 貸倒引当金繰入 240,000
   少数株主損益 96,000   / 少数株主持分  96,000

  ※貸倒引当金繰入(費用)が消去されているので、その分S社の利益がが増える
   S社の利益なので、少数株主にも”少数株主利益”として分ける必要がある。

 ○親会社P社は子会社S社からの受取手形 500,000 のうち、200,000 を銀行
  割り引いた。
  売上債権の貸倒引当金を 2%に設定する。
 
   支払手形  500,000  / 受取手形    300,000
                    短期借入金   200,000
   貸倒引当金 60,000   / 貸倒引当金繰入 60,000

  ※貸倒引当金の相殺は、割引後の受取手形 300,000 に対して計上する。

・金銭債権/債務
 ○親会社P社は7月1日、子会社に利率1%で 1,000,000 貸し付けた。金銭債権の
  貸倒引当金を3%に設定する。なお、決算日は3月31日である。

   借入金   1,000,000  / 貸付金     1,000,000
   未払費用  7,500    / 未払費用    7,500
   受取利息  7,500    / 支払利息    7,500
   貸倒引当金 30,000    / 貸倒引当金繰入 30,000

  ※経過勘定を伴う相殺消去で、個別仕訳では、

    P社:
     未収収益 7,500 / 受取利息 7,500
    S社:
     支払利息 7,500 / 未払費用 7,500

   である。仲間どおし(経過勘定かどうか)で相殺するので、未収に対しては未払で
   支払に対して受取で。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。