So-net無料ブログ作成
検索選択

雑記をはじめました [過去記事]

雑なことはたくさんあるんですが、本題の備忘記録が滞っておりますです、ハイ。
なので、雑記をはじめました。
未だモチベーション落ちは解消されず、牛歩な進捗が続いております。

土・日は総合問題を、と思い、過去問の商業簿記やっては、くじけ、TACの
「XX回を当てる」の商業簿記をやって、またくじけ、大原のステップアップ商会
の総合問題やっては、さらにくじけ。。。

そんなんやってましたら、ふっと気づいたことがあります。大抵の商業簿記の問題は、1つ目の条件に「決算整理前残高試算表」があります。
俗に、前T/B ってやつです。
(そんなん、わかりきったこと、かもしれませんが。。。)

そして複雑な商品売買には委託販売が絡んでいるケースが多いがします。
(特に、第120回の商業簿記。あれは反則でしょう。[ふらふら]

委託販売の手元商品区分法ってやつは、テキストには、
 前T/Bの積送品勘定には、期末一括法の場合は期首積送品が含まれ、
 その都度法の場合は当期末の残高である。
などと書かれてあります。
なぜか、自分はこれが覚えられない。すぐ忘れてしまい、前T/Bに積送品があると、
「なんだったっけなぁ~~~・・・」ってなります。

前T/Bって期中取引を合算したしたもの。商業簿記の問題には、前T/Bを条件にする
ものが多い、前T/B、前T/B、もしかすると前T/Bを攻略すれば、おのずと、この手の
問題は攻略できるのでは?すると、キーポイントは期中取引。そして簿記一巡。

試験には「簿記一巡」を謳った問題や期中取引の問題はあまり出ませんので軽視
しがちですが、期中にどういう取引があったのかを、前T/Bから想像できれば、ぐっと
楽になるかもしれません。

期末一括法とその都度法はその良い例です。そー考えれば、テキストの文書を
暗記しなくても導き出せますね。

委託販売の部分、大原のテキストを見直したんですが、なんて分かり易いんだ!って
感じで書いてあります。実はこの部分、最初に読んだときは理解に苦しみました。
でも、今見たら、勘定連絡のような書き方が実に理解しやすい。「この部分は前T/B」って
記載されています。

TACの「すっきりわかる」もおなじ感じで書かれてありますが、丁寧過ぎているため、
数ページに渡っています。自分にはちょっと見づらく感じました。
ページをめくると前のことを忘れてしまうので。。。^^;;

そーしているうちに息子が昼寝から目覚め、、、一日が過ぎ去って行く。。。
昨日はそんな、まったりとした休日でした。

さぁ、今日は連結か!だうんすとりーむとあっぷすとりーむだ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。