So-net無料ブログ作成

充当額 [過去記事]

ただいま、連結を中断してキャッシュフローをほそぼそとやっております。

さて、タイトルの「充当額」。

わたしは恥ずかしながら「充当額」の意味を取り違えておりました。

キャッシュフローの直接法の問題で、

売上: 現金 ¥2,340,000、売掛 ¥5,400,000、手形 ¥3,200,000、
     前受金充当額 ¥598,000

というのがありました。条件にB/Sもありまして、前受金の前期末、当期末
の金額も載っております。

前受金は負債だから、、、T勘定書いて、、、充当額は当期発生額だから、、、
当期のキャッシュは・・・あ、あれ!違う!

おやぁ~~~?

回答の解説を見ますと、充当額は借方にあるではありませんか!
一日悩みました。充当額は当期発生額だろ~、なのになんで借方??
前受金は、負債だろー、当期発生額は貸方にあるべきだろー!

回答間違ってる!

。。。いやいや、自分が大きく間違ってましたorz。

辞書で調べました。

  充当:「XXXをある目的や用途に当てること」

例:
得意先と販売契約を結んで 5,000円預かりました。
これは直に現金が入ってきましたので、営業活動によるキャッシュ
フローに計上されますね。
が、品物を渡していないので、貸方「前受金」です。

現金 5,000  /  前受金 5,000

4,000分の品物を渡しました。

前受金 4,000  /  売上  4,000

おぉ!これ、前受金を売上に当てている、ってことですねっ!

これがマサに前受金の充当。

あう、3級レベルなことに、1日悩んで、、、なんなんだろー。。。と。

でも、すっきりしました。もう間違えません!充当額。

まだまだ自分は修行が足りないと再自覚した2日間でございました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。