So-net無料ブログ作成

充当額 [過去記事]

ただいま、連結を中断してキャッシュフローをほそぼそとやっております。

さて、タイトルの「充当額」。

わたしは恥ずかしながら「充当額」の意味を取り違えておりました。

キャッシュフローの直接法の問題で、

売上: 現金 ¥2,340,000、売掛 ¥5,400,000、手形 ¥3,200,000、
     前受金充当額 ¥598,000

というのがありました。条件にB/Sもありまして、前受金の前期末、当期末
の金額も載っております。

前受金は負債だから、、、T勘定書いて、、、充当額は当期発生額だから、、、
当期のキャッシュは・・・あ、あれ!違う!

おやぁ~~~?

回答の解説を見ますと、充当額は借方にあるではありませんか!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

4時間半睡眠 [過去記事]

4時間半睡眠を今日から実行します。

なにやら4時間半睡眠に関する本が出ています。
有名な先生が書かれておられるということです。
アマゾンでも評価が高いです。

パラパラっと立ち読みしてみました。(買ってませんが。。。)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

連結がかわる。。。 [過去記事]

最近、サボっております。

どーも、今ひとつノラナイんです。

TACのページを見たら、今年の11月に日商簿記合格テキストを
改訂するとのこと。主だったところは、。。。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

配点 [過去記事]

このところ、お仕事が忙しくて更新をサボっておりました。

この土曜日に工業簿記・原価計算の過去問をやったんですが、
大原とネットスクールのパタ解きでは配点が結構違います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

連結ちょこっと集(その2) [過去記事]

・親子間の売上と売上原価(ダウンストリーム)
 ○親会社P社が6,000,000で仕入れた商品を、子会社S社に7,200,000で販売した。
  その商品を子会社は得意先に 10,000,000 で全て売っている。

   売上高 7,200,000 / 売上原価 7,200,000

  ※相殺消去されている売上高は親会社のもので、売上原価は子会社のものである。
   これにより連結上の利益は、親会社の値入額 1,200,000と子会社の値入額
   2,800,000の合計 4,000,000になる。

 ○親会社P社が6,000,000で仕入れた商品を、子会社S社に7,200,000で販売した。
  子会社はがんばってその商品を売ったが、期末に半分売れ残った。
  (7/8 仕訳が間違っておりました。修正です。)

   売上高  3,600,000 / 売上原価 3,600,000
    売上高  7,200,000 / 売上原価 7,200,000
    売上原価 600,000  / 棚卸資産 600,000

  ※未実現損益の相殺消去である。理解しにくい。
   子会社の個別財務諸表上は、
 
    繰越商品 3,600,000 仕入 3,600,000

   としているはずである。この繰越商品(B/S)の中には親会社が上乗せした
   600,000が含まれている。連結は、親会社と子会社をくっつけて1つの会社
   に見立てることなので、親会社が上乗せした600,000は利益として成立たなく
   なる。そこで、繰越商品(連結上は棚卸資産)から、未実現の利益600,000を
   削って、売上原価(費用)に加算する。これにより親会社の個別の利益が
   減らされ、連結としてのP/Lは正常になる。
   連結B/S上も、この仕訳により、商品が600,000減算されるので、親会社の
   仕入れ値と合う。

連結財務諸表は、個別財務諸表を決算つど合算させるので、常に連結修正仕訳が
必要である。
開始仕訳から始まって、いろいろと相殺消去する。個別財務諸表をもとにする
ことから、子会社の個別財務諸表の期首商品には未実現利益が含まれている。
したがって、開始仕訳として、この未実現の利益を消去する必要がある。
そして、期中にこの商品は売れたと想定して、期末の連結財務諸表を作成する。

次回はその仕訳をやりましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

雑記をはじめました [過去記事]

雑なことはたくさんあるんですが、本題の備忘記録が滞っておりますです、ハイ。
なので、雑記をはじめました。
未だモチベーション落ちは解消されず、牛歩な進捗が続いております。

土・日は総合問題を、と思い、過去問の商業簿記やっては、くじけ、TACの
「XX回を当てる」の商業簿記をやって、またくじけ、大原のステップアップ商会
の総合問題やっては、さらにくじけ。。。

そんなんやってましたら、ふっと気づいたことがあります。

続きを読んでね


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

配合差異・歩留差異(その1) [過去記事]

以下の条件の場合の仕損費負担額を算出する。
【条件】
 ①月初・月末仕掛品は考慮しない
 ②製品Aを1Kg製造するのに、以下の材料が必要
  材料P 0.75Kg @100円 75円
  材料Q 0.5Kg  @80円  40円
 ③生産データ
   当月 P:800
      Q:600
  ・合計 1,400
   完成 1,000

 配合・歩留差異は、配合割合と歩留率が出せればなんとかなるかもしれない。

 1.配合割合を出す
   配合した結果の量で算出できる。本条件では、

    0.75 + 0.5 = 1.25

   なので、

    P:0.75 ÷ 1.25 = 0.6
    Q:0.5 ÷ 1.25 = 0.4

   である。生の数量である、0.75 や 0.5 を配合割合としないように。
   これが、

    材料P 0.4Kg @100円 40円
    材料Q 0.6Kg @80円  60円

   なら、

    0.4 + 0.6 = 1.00

   なので、

    P:0.4 ÷ 1.00 = 0.4
    Q:0.6 ÷ 1.00 = 0.6

   である。どちらも、計算ロジックは同じ。これは難しくない。

 2.歩留率を出す
   本条件で見ると、1,000Kg 完成させるのに 1,000×1.25=1,250Kg必要。
   つまり、250Kg は仕損か減損か、で無くなるよ、と言っている。これが歩留。
   これを超えて仕損、減損が発生した、これが歩留差異である。本条件の場合、
   生産データによれば、完成が1,000 なので、歩留を加味すれば 1,250 の
   投入のはず。ところが投入は1,400。だから、

    1,400 ー 1,250 = 150

   これが歩留差異である。
   では、話を戻して、

    1,000 × 1.25 = 1,250

   なわけだが、なぜ 1.25 なのか。それは、0.75 + 0.5 = 1.25 だから。
   そうなんだけど、ちょっと回りくどく比の計算で書くと、

    1:1.25 = 1:α

   一見わけわかんないが、見方は、左辺が1Kg生産するのに1.25Kg必要である。
   右辺は1Kg生産するのに αkg必要である。という意味。
   中学校でやった、比の計算で、内項と内項、外項と外項を掛けると、

    1 × α(外項)=1.25 × 1(内項)

   すなわち、α=1.25 である。意味するところは、右辺で、1Kg 生産するのに
   αKg、つまり1.25Kg必要、ということになる。茶番劇のようであるが条件を
   変えてみよう。

   ②の条件で、

    ②製品Aを0.8Kg製造するのに、以下の材料が必要
     材料P 0.6Kg @100円 60円
     材料Q 0.4Kg  @80円 40円

   の場合はどうなるか。同じロジックで当てはめると、

    0.8:1 = 1:α

   左辺が0.8Kg生産するのに1Kg必要である。右辺が1Kg生産するのに αkg必要
   である。という意味。内項と内項、外項と外項を掛けると、

    0.8 × α(外項)=1 × 1(内項)

   ゆえに、α=1.25 となる!したがって、歩留率は1.25である。

   上記の両例は、ともに”1Kg生産したら。。。”を頭に描いている。
   1Kg生産で考えれば、後々計算が簡単でわかりやすくなるからである。
   大原テキストでは、”XX ÷ 80%(0.8)”など、数値をそのまま使って
   計算しているので、パッと見わけわかんない。なんで80%で割るのか、、、
   しばらく頭を捻らなければいけないが、あらかじめ1Kg換算してしまえば、
   直感的にわかる。場合によっては1個換算、1ガロン換算など単位は変わるが、
   ”1”で換算することが大切である。

配合割合、歩留率の算出は、一見わかりきった茶番劇のような、けど、わけわかんない
ような計算ロジックであるが、このロジックをしっかり覚えれば、どのような
数値を与えられてもなんとかなるのではなかろうか。

あとは、箱を書いて、箱の右から配合差異、続けて歩留差異を算出すればよい。

次回は加重平均を使った場合を書こうかな。これ、やっかい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。